塗ったとわからない自然なコンシーラーは?

塗ったとわからない自然なコンシーラーは?

コンシーラーを選ぶ際には、自分の肌のトーンよりもワントーン明るいトーンを選ぶようにしましょう。ブランドによって肌色トーンも微妙に違いますし、いくつかのトーンがラインナップされているブランドなどもあります。自分の肌色トーンよりも暗い色を使うと、メイクの仕上がりもなんとなく暗くて、くすんだ感じになってしまいますし、自分の肌色トーンよりも明るすぎるトーンでは逆にその場所が目立ってしまって不自然です。

 

コンシーラーのタイプによっても、仕上がりのナチュラルさは変わってきます。シミやニキビ跡などピンポイント的につけるコンシーラーの多くはスティックタイプやリキッドタイプなどが多いと思います。少量をピンポイントでつけて指先で叩きながら周囲の肌になじませていくのが基本的な使い方ですが、ファンデーションの崩れとともにコンシーラー跡が目立ってしまうこともあったりするようです。

 

そこで注目したいのが、パウダータイプのコンシーラーです。目の下のクマを隠すのに理想的と言われているパウダータイプはハイライトを入れる感覚で使うことができるので使い方もとっても便利。しかも、ファンデーションを塗った後にハイライト的に入れていくので、化粧崩れとともに崩れてしまうので、コンシーラーを塗ってカバーしている事が他人には気づかれないというメリットもあります。長時間肌のくすみを予防してくれるパウダータイプの物を使えば、疲れても目の下のクマが目立たずに一日を過ごすことができたりするようですよ。


 
自然食品で健康
Copyright (C) 2010 コンシーラーでキラめく明るい肌へ All Rights Reserved.