コンシーラーの上手な使い方は?

コンシーラーの上手な使い方は?

コンシーラーは肌トラブルを隠すためのメイクアイテムなので、隠さなければいけないトラブルがない美肌を持っている方には不要のアイテムです。しかし、シミやソバカス、目の下のクマ、ニキビなど隠したい肌トラブルを持っている場合には、コンシーラーを正しく使うことで魔法のようにトラブルを隠してしまうことが可能です。

 

上手にコンシーラーを使うためには、何よりも肌トラブルに合わせて正しいタイプの物を選ぶことが必要です。リキッドタイプ、スティックタイプ、パウダータイプなどのタイプは使いやすさによって選んでも良いと思いますが、ファンデーションとの組み合わせや相性などもあると思うので、いくつかトライしてみて自分で気に入った使用感のものを選んでも良いかもしれませんね。

 

どのタイプの物を使う場合でも、確実にカバーしたいからとベッタリつけるのはNG。ピンポイント的にコンシーラーを乗せてから、指で肌の中に叩き込むような感じでトラブル部分をカバーするのが良いみたいです。目の下のクマを隠したい場合などには、パウダータイプのコンシーラーをファンデーションの後にハイライトを入れる感覚で入れても大きな効果が期待できるようですよ。

 

コンシーラーはいつ使うのでしょうか。リキッドファンデーションを使う場合と、パウダーファンデーションを使う場合とでは、コンシーラーを使う順序も異なることはご存知ですか?一般的には、パウダーファンデーションを使っている場合には、コンシーラーはファンデーションの前、リキッドファンでの場合にはファンデーションの後に使うのが基本と言われています。


 
自然食品で健康
Copyright (C) 2010 コンシーラーでキラめく明るい肌へ All Rights Reserved.